2009年05月08日

正中頚嚢胞その後。

先日の話の結果を聞きに行ってきました。

結論。

*東京女子医大で対応可能。
担当は、教授なので、医療連携紹介扱いで予約のうえ受診し、
詳細はその折に。

*日帰りではなく、一泊入院が基本。発熱などの副作用管理のため。
もちろん状況によっては、入院日数がふえることもある。

ただし、現在、嚢胞が縮小傾向にあるため、このまま経過観察。
再度、膨らんでくるようなら、あらためて紹介の手続きをとる。

と、いうことになりました。

このまま縮小してしまうなら、
袋(管)自体は残っていても実質上、問題なし、ということなので、
一応、今回で受診は一区切り、ということになりました。

ご心配いただいた皆さま、ありがとうございました!m(__)m


続きを読む
posted by 橘 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 正中頚嚢胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

正中頚嚢胞続き。

正中頚嚢胞の続きです。

紹介状と画像のコピーを携えて、
先日問い合わせした病院へ。

結果。

「当院ではガマ腫への適応はあるが、正中頚嚢胞での適応例が無い。
医局へ持ち帰って検討のうえ、対応を返答したい」とのこと。

「電話で問い合わせたとき、はっきりと、
成人の正中頚嚢胞と申し上げたのですが・・・?」

「そうですか。でも、やってないので・・・。」

結局、仕方ないので検討結果待ち、ということに。

再び、待機態勢です。

posted by 橘 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 正中頚嚢胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

組織検査は異常なし

先週、正中頚嚢胞の内容物を吸引し、
一応、ということで組織検査に出した結果を聞いてきました。

とりあえず、特に問題は無い、とのことで、
「これからどうしますか??」と。

結局、希望の治療法を受けられそうな病院を自分で探し、
行き先が決まり次第、紹介状と画像を準備していただき転院、
ということになりました。

早速、今までに集めた情報を元に、当たりをつけて電話で問い合わせ。

思いがけず、自宅近所に行き先が見つかり、
早速、書類準備の依頼をしました。

う〜む。
あの病院でやっていたとは・・・・・。灯台下暗し。
最初からそちらに行けば良かった・・・・・。

ま、いろいろと順序もありますから、仕方ありません。

とりあえず、見つかって一安心です。

posted by 橘 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 正中頚嚢胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

CT撮影その後。

CT撮影の結果を聞きに行ってきました。

やはり、正中頚嚢胞で間違いないだろうと。

で、どうしましょう?ということなんですが・・・。

「まあ、今回は、こんなに膨らんだのが初めてということなので、
とりあえず、内容物を吸引して様子を見れば充分ですよ」と。

えええ?前回は、
「もしそうだったら、もちろん手術でとるしかありません」
っていう話だったのに〜。

もちろん、嚢胞はその袋がある限り、内容物を吸引しても、
その場しのぎで根治法ではないのですが・・・。

一応、内容物は組織検査を行って、ほかの病気が無いかのチェックも
あわせてすることになり、早速、吸引。

薄茶褐色の濁った液体が、5cc以上もとれました。(^_^;)

これでもまだ全部ではなく、触ると膨らみはあるのですが、
ほぼ半分くらいの感触になりました。

首の真ん中の針痕に絆創膏を貼られて終了。

処置前、「今後、もしまた頻回に腫れがおきるようなら、
手術しましょう。じゃ、早速吸引ね。」とのことだったので、
一応、ピシバニール(OK-432)注入法についてお尋ねしましたが、
「うちではやってませんから。」のひとことで却下されました。
しかも、ちょっと嫌そうに、
「じゃ、今、吸引しないで、ほか(の病院)、行きますか?<`ヘ´>」

う〜ん、先生ったら、そういう言い方はダメダメですよ、と思いつつ、
にっこりと、「いえ、今日のところは吸引でお願いします。」と。

こういうとき、医療職経験はありがたいですね。
めげませんから。(笑)

まあとりあえず、確定診断は出たので、
今後のことは様子をみてゆっくり考えます。

それにしても。

首の真ん中のあの位置に、ざっくり刺されるのは、
ちょっとエネルギー的に、ダメージがありますね・・・。
セルフフォローが大変でした。

あ、デジカメ持参で、CT画像をいくつか激写してきました。
ご興味おありの方、「続き」にてご覧ください。

続きを読む
posted by 橘 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 正中頚嚢胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

CT撮影。

頚にちょっと膨らみができて、
多分、正中頚嚢胞だろうということで、まずは確定診断のために、
CTを撮ってきました。

病院のスタッフは、言葉遣いはとても丁寧でしたが、
やはり、丁寧なら良いというものでもなく・・・。(^_^;)
まさに「人の振り見て・・・」ですね。
医療従事者の端くれとして、自分も気をつけねば!

造影剤を入れたので、早く排泄するために、
水分をいつもより多くとらなくてはならないのですが、
ふだん、あまり水分をとる方ではないので、
病院内の売店の飲み物の棚の前で、しばし逡巡。

胃に超優しく(コレが一番大事!)、カロリー控えめで、
造影剤を載せて排泄してくれそうなのは・・・・・。

結局、自分的安全杯で。

こういうときの選択は、なかなか難しいですね(笑)
posted by 橘 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 正中頚嚢胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。